取り付け方法のヒント

素材ごとの表札の取付方法についてご紹介しています。下記のボタンよりおすすみください。

フレームコレクション・タイル の取り付け方法のヒント

※説明している取り付け方法は一例です。 設置箇所や材質により取り付け方法は異なりますので、不明な点は施工業者や住宅メーカーにご確認下さい。
取り付けに不安のある場合には無理してご自身で施工せず、専門の業者へ委託することをお勧め致します。

取り付けに必要な物

・接着剤(購入のヒントはこちら)・養生テープ ・ペン ・クロス(壁面の掃除やはみ出した接着剤をぬぐうため)
必要に応じてドライバー、・振動ドリル、ドリル用の刃
あると便利な物 ・紙など(固定時の表面保護用)

  1. 1
    フレームコレクション・タイルの取り付け方法01

    表札 を取り付ける箇所の汚れを落とします。

    取り付け位置を決め、フレームの穴にマーキングします。

  2. 2
    フレームコレクション・タイルの取り付け方法02 フレームコレクション・タイルの取り付け方法02 フレームコレクション・タイルの取り付け方法02

    フレーム裏面と壁面に接着剤を塗布します。

    ※この工程の接着剤はお客様でご用意下さい

    接着剤購入のヒントはこちら

    このとき、圧着時の液垂れを防ぐため、端から2cm以内に塗る事をお薦めします。 

    1~2分放置してから次の工程の貼り付けを行います。

    ※放置時間が長すぎると接着できなくなる場合があります。

     その場合は再度上から塗布し、やり直してください。 

    ※オススメしている接着剤の使用方法に沿って、両面塗布の方法をご紹介しています。 

    目印に添って 表札 を貼り付け、動かなくなるまで数分押さえます。

    硬化開始の時間は接着剤により異なりますので、接着剤の取り扱い説明書に従ってください。

  3. 3
    フレームコレクション・タイルの取り付け方法03

    付属の木ねじをドライバーでねじ込みます。

    水平になるよう傾きを調整してください。

  4. ※補足
    フレームコレクション・タイルの取り付け方法05

    ドライバーでねじ込めない壁面の場合

    予め振動ドリルで下穴をあけておきます。

    穴をあけたら中のゴミを取り除き、穴に接着剤を注入しねじを差し込みます。

    壁面の状態に合わせて付属のアンカーを併用してください。

  5. 4
    フレームコレクション・タイルの取り付け方法04 フレームコレクション・タイルの取り付け方法04 フレームコレクション・タイルの取り付け方法04

    タイル の表面に保護用として紙などを仮止めします。

    タイルの裏面とフレーム付属の接着剤を塗布します。

    このとき、圧着時の液垂れを防ぐため、端から2cm以内に塗る事をお薦めします。 

    1~2分放置してから次の工程の貼り付けを行います。

    ※放置時間が長すぎると接着できなくなる場合があります。

     その場合は再度上から塗布し、やり直してください。

    ※オススメしている接着剤の使用方法に沿って、両面塗布の方法をご紹介しています。

    フレームのツメにタイルを乗せ、位置を調整し動かなくなるまで5分以上押さえます。

  6. 5
    フレームコレクション・タイルの取り付け方法05

    養生テープで接着剤が完全に硬化するまで固定します。

    ※接着剤により硬化時間は異なりますので、接着剤の取り扱い説明書に従ってください。

    ■接着剤の硬化時間にいて
    気温や天気により硬化にかかる時間が異なります。
    取扱説明書をよく読んで取り付けに臨んでください。

  7. 6
    フレームコレクション・タイルの取り付け方法06

    接着剤が完全に固まったら、固定用のテープ等をそっと剥がして完了です。

    接着剤がはみ出ているときなどは、接着剤の使用方法にしたがって処理してください。

    ※テープを剥がす際、表札の塗装や壁材を剥がしてしまわないようご注意下さい。

     テープの粘着が強い場合、ドライヤーなどで温めると剥がしやすくなります。(火傷などにご注意下さい。)

     取り付け時の壁面などの破損についてはお客様責任でお願い致します。

接着剤のみで取り付ける表札の取り付け方法のヒント

※説明している取り付け方法は一例です。 設置箇所や材質により取り付け方法は異なりますので、不明な点は施工業者や住宅メーカーにご確認下さい。
取り付けに不安のある場合には無理してご自身で施工せず、専門の業者へ委託することをお勧め致します。

取り付けに必要な物

・接着剤(購入のヒントはこちら)・養生テープ ・ペン ・クロス(壁面の掃除やはみ出した接着剤をぬぐうため)
必要に応じてドライバー、・振動ドリル、ドリル用の刃
あると便利な物 ・紙など(固定時の表面保護用)

  1. 1
    接着剤のみで取り付ける表札の取り付け方法01

    表札 と同じサイズの紙を作成します。

  2. 2
    接着剤のみで取り付ける表札の取り付け方法02

    表札 を取り付ける箇所の汚れを落とし、[1]で作った紙を使って取り付け位置を決めます。

    テープで仮留めし、離れた位置からも曲がっていないか確認をします。

  3. 3
    接着剤のみで取り付ける表札の取り付け方法03

    位置決めの紙の周りに養生テープを貼ります。

    テープを貼ったら[2]の紙は取ります。

    ※取り付けの際の目印と、接着剤が液垂れしたときのためのマスキングです。

  4. 4
    接着剤のみで取り付ける表札の取り付け方法04
    ※わかりやすいよう、前の工程は色を薄くしています。

    取付位置が決まったら、目印の下ラインに合わせて台座を貼り付けます。

  5. 5
    接着剤のみで取り付ける表札の取り付け方法05 接着剤のみで取り付ける表札の取り付け方法05

    表札 の表面に保護用として紙などを仮止めします。

    ※文字や模様などの塗装されている部分に直接テープを張ると、剥がす際に塗装がはがれてしまう可能性があります。 

    裏面と壁面に接着剤を塗布します。

    接着剤購入のヒントはこちら

    このとき、圧着時の液垂れを防ぐため、端から2cm以内に塗る事をお薦めします。 

    1~2分放置してから次の工程の貼り付けを行います。

    ※放置時間が長すぎると接着できなくなる場合があります。

     その場合は再度上から塗布し、やり直してください。

    ※オススメしている接着剤の使用方法に沿って、両面塗布の方法をご紹介しています。

  6. 6
    接着剤のみで取り付ける表札の取り付け方法06
    ※わかりやすいよう、前の工程は色を薄くしています。

    目印に添って 表札 を貼り付け、動かなくなるまで数分押さえます。

    硬化開始の時間は接着剤により異なりますので、接着剤の取り扱い説明書に従ってください。

  7. 7
    接着剤のみで取り付ける表札の取り付け方法07
    ※わかりやすいよう、前の工程は色を薄くしています。

    養生テープで接着剤が完全に硬化するまで固定します。

    ※接着剤により硬化時間は異なりますので、接着剤の取り扱い説明書に従ってください。

    ■接着剤の硬化時間にいて
    気温や天気により硬化にかかる時間が異なります。取扱説明書をよく読んで取り付けに臨んでください。

  8. 8
    接着剤のみで取り付ける表札の取り付け方法08

    接着剤が完全に固まったら、固定用のテープ等をそっと剥がして完了です。

    接着剤がはみ出ているときなどは、接着剤の使用方法にしたがって処理してください。

    ※テープを剥がす際、表札の塗装や壁材を剥がしてしまわないようご注意下さい。
    テープの粘着が強い場合、ドライヤーなどで温めると剥がしやすくなります。(火傷などにご注意下さい。)
    取り付け時の壁面などの破損についてはお客様責任でお願い致します。

ボルトで取り付ける表札の取り付け方法のヒント

※説明している取り付け方法は一例です。 設置箇所や材質により取り付け方法は異なりますので、不明な点は施工業者や住宅メーカーにご確認下さい。
取り付けに不安のある場合には無理してご自身で施工せず、専門の業者へ委託することをお勧め致します。

取り付けに必要な物

・接着剤(購入のヒントはこちら)・養生テープ ・ペン ・クロス(壁面の掃除やはみ出した接着剤をぬぐうため)
必要に応じてドライバー、・振動ドリル、ドリル用の刃
あると便利な物 ・紙など(固定時の表面保護用)

  1. 1
    ボルトで取り付ける表札の取り付け方法0

    表札 を取り付ける箇所の汚れを落とします。

    型紙がある表札は型紙を利用し取り付け位置を決め、養生テープなどで貼り付けます。

    型紙のボルト位置があっているか、現物をあてがい確認します。

    型紙のない表札はペンなどを使ってマーキングしてください。

    ボルトで取り付ける表札の取り付け方法01
  2. 2
    ボルトで取り付ける表札の取り付け方法02

    紙の上からドリルで穴をあけます

    穴の大きさ・深さはご購入の表札の施工説明書・取り扱い説明書をご参考下さい。

    複数穴をあける場合、それぞれの穴の角度が異なると表札が入らない場合がございますのでご注意ください。

    穴あけに自信がない場合、無理せず専門の外溝業者や工務店にご依頼下さい。

  3. 3
    ボルトで取り付ける表札の取り付け方法03

    型紙や穴の中のゴミを取り除き接着剤と注入します。

    表札のボルトにも塗布します。

    接着剤の量が多いとはみ出てしまいますのでご注意下さい。

    接着剤購入のヒントはこちら

  4. 4
    ボルトで取り付ける表札の取り付け方法04

    穴に表札を差込ます。

    スペーサーのある表札は付け忘れにご注意下さい。

    表札の表面に保護用として紙などをはさみ、養生テープで接着剤が完全に硬化するまで固定します。

    ※接着剤により硬化時間は異なりますので、接着剤の取り扱い説明書に従ってください。

    ■接着剤の硬化時間にいて
    気温や天気により硬化にかかる時間が異なります。
    取扱説明書をよく読んで取り付けに臨んでください。

  5. 5
    ボルトで取り付ける表札の取り付け方法05

    接着剤が完全に固まったら、固定用のテープ等をそっと剥がして完了です。

    ※テープを剥がす際、表札の塗装や壁材を剥がしてしまわないようご注意下さい。
    テープの粘着が強い場合、ドライヤーなどで温めると剥がしやすくなります。(火傷などにご注意下さい。)
     取り付け時の壁面などの破損についてはお客様責任でお願い致します。

ボルトと接着剤で取り付けるタイプの表札の取り付け方法のヒント

※説明している取り付け方法は一例です。 設置箇所や材質により取り付け方法は異なりますので、不明な点は施工業者や住宅メーカーにご確認下さい。
取り付けに不安のある場合には無理してご自身で施工せず、専門の業者へ委託することをお勧め致します。

取り付けに必要な物

・接着剤(購入のヒントはこちら)・養生テープ ・ペン ・クロス(壁面の掃除やはみ出した接着剤をぬぐうため)
必要に応じてドライバー、・振動ドリル、ドリル用の刃
あると便利な物 ・紙など(固定時の表面保護用)

  1. 1
    ボルトと接着剤で取り付けるタイプの表札の取り付け方法01

    表札 を取り付ける箇所の汚れを落とします。

    表札を壁にあてがいペンでボルト位置をマーキングしてください。

  2. 2
    ボルトと接着剤で取り付けるタイプの表札の取り付け方法02

    ドリルで穴をあけます。

    穴の大きさ・深さはご購入の表札の施工説明書・取り扱い説明書をご参考下さい。

    複数穴をあける場合、それぞれの穴の角度が異なると表札が入らない場合がございますのでご注意ください。

    穴あけに自信がない場合、無理せず専門の外溝業者や工務店にご依頼下さい。

  3. 3
    ボルトと接着剤で取り付けるタイプの表札の取り付け方法03ボルトと接着剤で取り付けるタイプの表札の取り付け方法03

    型紙や穴の中のゴミを取り除き接着剤と注入します。

    表札の背面にも塗布します。

    接着剤がはみ出ないよう余白を残して塗布してください。

    接着剤購入のヒントはこちら

  4. 4
    ボルトと接着剤で取り付けるタイプの表札の取り付け方法04

    穴にボルトを差し込みます。

    表札の表面に保護用として紙などをはさみ、養生テープで接着剤が完全に硬化するまで固定します。

    ※接着剤により硬化時間は異なりますので、接着剤の取り扱い説明書に従ってください。

    ■接着剤の硬化時間にいて
    気温や天気により硬化にかかる時間が異なります。
    取扱説明書をよく読んで取り付けに臨んでください。

  5. 5
    ボルトと接着剤で取り付けるタイプの表札の取り付け方法05

    接着剤が完全に固まったら、固定用のテープ等をそっと剥がして完了です。

    ※テープを剥がす際、表札の塗装や壁材を剥がしてしまわないようご注意下さい。

     テープの粘着が強い場合、ドライヤーなどで温めると剥がしやすくなります。(火傷などにご注意下さい。)

     取り付け時の壁面などの破損についてはお客様責任でお願い致します。

接着剤購入のヒント

・接着剤は取り付ける壁面の材質に適応した市販の接着剤を別途ご購入下さい。
接着剤により取り付け方法が異なる場合がございます。購入された接着剤の使用方法をよくお読みになりお取り付け下さい。
接着剤の種類は多数ありますが、エポキシ系・シリコーン系をお奨めします。

必ず【屋外用】の接着剤をご用意下さい。
ホームセンターで購入可能ですので、売り場の担当者に相談されるなどして壁面に合った接着剤をご用意ください。

・壁面に凹凸があると接着剤での取り付けが困難となります。
取り付け部分の壁面を削るなど、下処理が必要な場合があります。その場合は専門の業者にご相談されることをお薦めします。

少しの凹凸でしたら、凹凸を埋めるよう厚塗り気味に接着剤を塗布して取り付けてください。

・接着剤で取り付ける際に固定しておくためのテープは壁面・ 表札 の表面を傷付けにくい養生テープをお薦めしております。
接着剤同様、ホームセンターで購入可能です。

・壁面の状況によっては取り付けが困難な場合もございます。その際は専門の業者にご相談ください。

・冬場など、気温が低いと接着剤の硬化に時間がかかる物もございます。接着剤の取り扱い説明書をよく読んで、使用方法に従ってください。
※気温の低い日はドライヤーなどで暖めると早く固まります。(ご使用の際は火傷などにご注意下さい)

■シリコーン系

シリコーン系接着剤 シリコーン系接着剤

■エポキシ系

接着剤

オススメ

接着剤

■硬化開始5分タイプ

押さえている時間が短く済むのでオススメのタイプです。
必ず「屋外用」で表札の取り付けに適した接着剤をご使用下さい。
※硬化開始は5分ですが、完全硬化するまで必ず固定して下さい。
(完全硬化に必要な時間は接着剤により異なります)

注意が必要

接着剤接着剤

■硬化開始30分/90分タイプ

破損されたお客様の多くが使われたタイプです。
硬化が始まる前に次の工程に進んでしまい、ズレ落ちてしまうケースがございます。
「屋外用・タイル用」でも硬化開始時間が長いものはご注意ください

トップへ

ご利用案内

  • お支払方法について

    お支払い方法は以下よりお選び頂きます。

    • 代金引換え

      クロネコヤマトのコレクト便での発送となります。
      商品受取時に商品代金をお支払い下さい。
      お支払いは現金・各種クレジットカードがご利用になれます。
      宅急便コレクト【お届け時カード払い】について詳しくはこちら

    • 銀行振り込み

      出荷予定日3日前までにお振込み下さい。振込み確認後の発送となります。

      ジャパンネット銀行  すずめ支店
      普通 2074507
      カ)カツハラセイサクショ

      申し訳ありませんが、振込手数料はお客様負担でお願いします。

    • クレジットカードによるオンライン決済

      ご利用可能なクレジットカード

      VISA・Master Card・JCB・AMERICAN EXPRESS・Diners Club INTERNATIONAL

      お支払い方法は「一括払い」・「リボ払い」・「分割払い」からお選びできます。

  • ご注文の流れ

    1. 仕上がりデザインを依頼する(仮注文)
    2. デザイン案をご確認ください
    3. (もしあれば)変更を依頼する
      ↑ここまでは無料です↑
    4. 注文フォームより正式注文(お支払)
    5. 表札の製作に入ります
    6. 商品のお受け取り(代金引換はお支払)
  • 送料・配送方法について

    送料北海道1,296円
    本州540円
    九州864円
    沖縄1,296円
    代引き
    手数料
    324円

    10,000円(税別)以上のご注文の送料・代引き手数料は無料となります。

    運送会社

    クロネコヤマトにて発送します。
    他の業者になる場合があります。
    詳細な発送予定日はイメージ図決定後にご連絡しております。

    お届けのお時間は下記よりお選び頂けます。

    • 時間指定なし
    • 午前
    • 14:00~16:00
    • 16:00~18:00
    • 18:00~20:00
    • 19:00~21:00

    配達地域によってはご希望に添えない場合がございます。

  • 納期について

    デザイン確定後から約1~2週間程度頂戴しております。
    納期は、商品の加工法により異なります。
    詳しくは各商品ページにてご確認ください。
    連休を挟む場合等、納期がずれる事があります。予めご了承下さい。

  • キャンセル・返品・交換について

    表札はオーダーメイド品につき、商品受け取り後のキャンセル・返品・交換はお受けできません。
    商品到着時に商品が破損していた場合や製作上のミスの場合は再作成を承りますので、当店までご連絡下さい。
    ご連絡は1週間以内にお願い致します。期間を過ぎますとお受けできない場合もございます。

  • プライバシーについて

    表札.comでは、お客様の個人情報の取り扱いには万全の注意を払っており、お客様の個人情報を、運送会社や決済管理会社等以外の第三者に開示もしくは提供は一切いたしません。